2011年02月14日

Go!Go!Gogh!!

九州国立博物館で開催されている『ゴッホ展』の最終日になんとか行くことができました。



人の多さにびっくりしながらの鑑賞になりました。

印象に残ったのは『種まく人』
生命の象徴である太陽が沈まんとする中、大地に新しい生命を授ける人物、大自然における命のたゆみない循環。
永遠の生命の象徴を表現した作品と解説してありました。

『ゴッホ』の作品は、農業に従事する人々や田畑の風景を描いた作品が多いなぁと感じました。




見終わって、太宰府天満宮に行き、参拝しました。

本殿横の『飛梅』も開花しはじめていました。






今年も、たくさんの美味しい麒麟に出逢える様にお願いしました。



  


Posted by さだきち at 04:24Comments(0)Art